夏場の面接での汗対策

夏場の面接での汗対策

猛暑のこの時期、企業訪問など、学生たちにとっては地獄の様な日々です。ただでさえ着慣れないリクルートスーツを着て、男子学生なら首元までしっかりネクタイを締めて、拷問以外のなにものでもない状態です。また、企業面接などが行われる場合、それ以上にもっと気を配らなければなりません。男性は首元、女性ならストッキングの着用でサウナ状態ですが、面接に於いてきちんとした正装は必須ですから、何とかして暑さ対策をしなければなりません。

保冷剤を上部しておいて、首元等リンパの通う箇所に充てると、汗が引くと言います。女性の場合はお化粧をしていますので、顔に持って来る事は出来ませんが、男性であれがおでこなどにちょっとあてるとそれだけ涼感が得られます。ちょっとした携帯の扇子を持ち歩くのも良いでしょう。けれど、逆にうちわだとちょっとまずいかなと感じます。

やはり、汗をかくという事を考えて、行動は早めに、面接時間前にはスタバなどで飲み物を摂りながら涼を取る位の時間の余裕が必要ではないでしょうか。その間に、頭を整理して、聞かれるであろう面接時の質疑応答を整理したり、頭もすっきり、汗もすっきりで、出る前にちょっとスプレーをして消臭をして、いざ出陣です。

お役立ち情報

Copyright (C)2019夏場の面接での汗対策.All rights reserved.